Q1

​ISOの認証取得について全くの初心者でも認証取得は可能ですか。

はい、可能です。どの認証取得組織様も最初はISOのマネジメントシステムについては殆ど何も知らない状態からスタートし、認証取得され、年を重ねるごとに改善を積み重ね成熟したシステムになっていきます。

02/

小さな組織でもISO認証取得は可能ですか。

可能です。10名以下の組織様で認証取得されている組織様もいらっしゃいます。

02/

​本社のみがISOの認証取得をする、という形も可能ですか。

可能です。若しくは、特定の営業所、特定の事業部のみで取得することも可能です。

01/

​ISOの認証を受けるために、具体的には何をしたらいいですか。

PLAN:  社内で品質・環境方針の決定、リスク等の特定、目標設定、必要なマニュアル・規定等の作成

     (既に社内に出来上がっている場合もあります。)

DO:   各目標向けての社内活動

CHECK: 活動の記録を基に、必要に応じて順守評価等の実施、目標達成度の評価等。

     また、内部監査を行い、どのような点が良かったのか、不足していたのかを洗い出します。

ACT:    必要があれば改善措置を実施します。

                  マネジメントレビュー(会議)にてマネジメントシステムの下での組織内の活動が、

                  組織の目指す方向と一致しているかどうかを確認します。

                  改善が必要な点があれば記録し、次へのステップにします。

「普段当たり前にやっていることが殆どでした。それらをISO9001、14001の項目に当てはめていくといった感じで準備ができたのでそんなにハードルは高くなかったです。」 (土木・建設業系受審企業様)

03/

​KAIZENDOの審査の特徴は何ですか。

Keep your visitors in the know. Want to make this content your own? Just add your images, text and links, or connect to data from your collection.

04/

​これまでにISO14001を取得していますが、新たにISO9001を取得したいのですが。

​既にISO14001 を取得されている場合、ISO9001を単独で追加でする方法と、両者を統合したシステムにする方法があります。いずれの場合も、ISO14001とISO9001には多くの共通点がありますので、追加取得は新規取得より準備がスムーズに進むとお考えいただいて良いと思います。

04/

ECAASはオーストラリアの審査機関ですが審査員はオーストラリアから来ますか。

いいえ、日本部門(KAIZENDO)の受審組織様の審査には日本の審査員が日本語にて審査を行います。ご希望があれば英語での審査も可能です。お気軽にご相談ください。

Kaizendo Logo 300ppi.png